~26歳吃音者の独り言~

私が知っていることの中から役立ちそうな情報を公開するブログです。

阪神 いい感じ!

おはようございます。

 

昨日のタイガース、4-3で勝利しました。

 

メッセの力投とタイムリー、梅野のセーフティースクイズ。相手のエラーが上手く重なり、勝ちを拾いました!

 

オープン戦終了時は勝てる気がしませんでしたが、何だかんだ5割キープで勝ててます!

 

今日辺りロサリオのHRが飛び出して、チームが勢いつくことを期待します!

 

週末は藤浪、秋山、高橋遥!

あと、そろそろ梅野に積極的休養を!

 

阪神 高橋遥投手 プロ初登板初勝利!!

こんばんわ。

 

更新が久しぶりになってしまいました。

 

本日のタイガース、4-1で勝利しました。

 

何と言ってもドラフト2位ルーキー高橋投手がプロ初登板初勝利をやってのけました!!

 

ノビのあるストレートで強打の広島打線を抑え込みました。

 

次の登板は未定ですが、非常に楽しみですね!

 

 

あと、最近のタイガースの状態を見ていて思ったことがあります。

 

ショート糸原、セカンド鳥谷西岡上本、サード大山という布陣で

現状戦っています。

 

これを再編出来ないものかと。。。

当然、まだシーズン始まったばかりではあります。だから、もう少し様子を見てもというのも分かります。

 

しかし、植田選手を使いたい!!

 

まだ荒さがあるのでポロリはあるでしょうが、海君のスピード感溢れるプレーが見たいです。

 

それに糸原選手のセカンドが素晴らしい。アマチュア時代、セカンドサードを守っていたからでしょうか、動きが安定しています。

 

 

また、大山選手に固執するのはよくない。。。

中谷選手同様に競争させないと。

 

セカンド   糸原、上本、鳥谷、西岡

ショート   植田、糸原

サード    大山、鳥谷

スーパーサブ 山崎

 

なんてどうかなと思う今日この頃です。

 

阪神 2018年シーズン開幕戦勝利!!

こんばんは。 

 

2018年シーズンが幕を開けました。

 

注目のスターティングラインナップですが、

 

1番 センター   髙山

2番 セカンド   鳥谷

3番 ライト    糸井

4番 ファースト  ロサリオ

5番 ライト    福留

6番 サード    大山

7番 ショート   糸原

8番 キャッチャー 梅野

9番 ピッチャー  メッセンジャー

でした。

 

1番にはてっきり糸井選手あるいは糸原選手が入るものだと思っていたので、

髙山選手の抜擢には少し驚きました。

 

しかし、これが功を奏しました。

 

2回の髙山選手のタイムリー内野安打は大きかったです。

あれで、一気にタイガースに流れが傾き、3回の大山選手の2ランHRに繋がったように思います。

髙山選手は4回にもライト前ヒットを放ち、5打数2安打1打点の活躍でした。

早めの始動でワンテンポ待つように上げた右足を下ろし、ボールを引き付けて打っていました。髙山選手の間を作っているような、あのフォームを継続出来ればヒットメーカーとして十分機能するでしょう。

 

こうなると、髙山選手の1番固定あるいは福留選手、糸井選手の休養日に3番も任せられます。

 

そして、今日の試合は何と言ってもメッセンジャー選手。

 

7回を投げ7安打1失点5奪三振でした。開幕戦というプレッシャーのかかる中、

十分過ぎる結果です。特に7回の1点取られた後の投球は圧巻でした。巨人吉川選手に投じた6球は気合がこもっていました。降板でもおかしくない中、エースとして続投を命じられたことを意気に感じたのでしょう。香田コーチがマウンドを後にした時の表情や仕草からギアを入れたと認識することが出来ました。

 

プロの力を見せて貰いました。

 

 

そして、最終的には5-1で勝利しました。

オープン戦では心配する順位でしたが、ペナントレースでは期待してもいと思わせてくれた一戦でした。

 

明日も勝ちましょう!

阪神 開幕オーダー&開幕ローテ 最終予想

こんばんは。

 

オープン戦までの結果、各メディアの報道から総合的に考え、2018年シーズン開幕オーダーと開幕ローテーションを考えました。

さらに、ついつい開幕1軍とセ・リーグの順位予想もしてしまいました。

 

 

 

まず、来る3/30の開幕戦、スターティングラインナップです。

 

1番 ライト    糸井

2番 ショート   糸原

3番 レフト    福留

4番 ファースト  ロサリオ

5番 サード    大山

6番 センター   高山

7番 セカンド   鳥谷

8番 キャッチャー 梅野

9番 ピッチャー  メッセンジャー

 

根拠

  1. 相手は菅野です。どんな投手でも立ち上がりは不安だと聞きます。ましてや、開幕初戦の立ち上がりです。糸井、糸原、福留で初回に1点を取りに行く作戦です。タイガースで1番頼りになるともいえる糸井選手で先制パンチを食らわせましょう。
  2. オープン戦最終戦で唯一、いい所を見せた大山選手に期待しましょう。ということで、5番に持ってきましょう。

 

 

次は開幕オーダーです。

3/30 巨人戦  メッセンジャー

3/31  〃   藤浪

4/1    〃   秋山

4/2 

4/3

4/4 横浜戦  小野

4/5 横浜戦  メッセンジャー(能見)

 

4/5のメッセンジャー中5日は私個人的には反対なので、()で能見選手とさせて頂きました。開幕時ぐらい余裕のあるローテを組んで欲しいです!

 

 

 

また、開幕ベンチ入り選手25人も考えてみました。

 

投手(8名)

メッセンジャー、藤川、高橋聡、岩崎、石崎、桑原、マテオ、ドリス

捕手(3名)

梅野、坂本、原口

内野手(8名)

ロサリオ、鳥谷、上本、大山、糸原、山崎、西岡、植田

外野手(6名)

福留、糸井、高山、俊介、伊藤隼、中谷(島田)

 

ここに、藤浪、秋山、小野、能見、岩貞といった先発投手陣が登録されてくるので、1人~2人を野手から削らなければなりません。そのボーダーラインに立っているのが、現状では中谷選手、原口選手、西岡選手、植田選手といったところでしょうか。この4選手の数少ないアピールチャンスにも注目です!!

 

 

そして、最後にセ・リーグ順位予想です。

 

1位 阪神タイガース

2位 広島東洋カープ

3位 読売ジャイアンツ

4位 横浜DeNAベイスターズ

5位 ヤクルトスワローズ

6位 中日ドラゴンズ

 

2018年シーズン。阪神が優勝です!!

 

阪神 藤浪開幕ローテ当確!?

こんにちは。

 

鳴尾浜球場にいます。

 

注目の藤浪選手ですが、6回を投げ自身の送球エラー絡みの1点にまとめました。

 

この送球ミスと球速があまり出ていないことが気がかりでしたが、開幕ローテ当確とみていいでしょう。

 

初登板は開幕2カード目のDeNA戦初戦が濃厚です。

タイガース1チームで3つのオーダーが出来ました。

こんばんわ。

 

某掲示板サイトに「阪神打線を3つに分けてみた」みたいなスレッドが立っており、

おもしろそうだったの私もしてみました。

パクリ企画ですみません。

 

鳥谷選手、糸井選手、福留選手をリーダーとして3つのチームを作りました。

 

 

まず、鳥谷選手率いる「生え抜きスターチーム」

 

1.鳥谷(4)  

2.北条(6)

3.高山(7)

4.ロサリオ(3)

5.大山(5)

6.江越(8)

7.緒方(9)

8.梅野(2)

9.メッセ  (1)

・第二先発

小野、岩田

・中継ぎ、抑え

マテオ、ドリス

・控え野手

熊谷、板山、長坂

 

そして、糸井選手率いる「一芸秀でた超人チーム」

1.島田(8)→走力

2.植田(6)→走力

3.糸井(9)→全て

4.原口(3)→勝負強さ

5.伊藤(7)→打撃

6.上本(4)→天才

7.今成(5)→手首の柔らかさ

8.坂本(2)→フレーミング

9.秋山(1)→コントロール

・第二先発

岩貞、才木

・中継ぎ抑え

高橋、藤川

・控え野手

荒木、横田、小豆畑

 

 

最後は福留選手率いる「実力派玄人好みチーム」

1.俊介(8)

2.糸原(6)

3.中谷(9)

4.福留(7)

5.陽川(5)

6.西岡(3)

7.森越(4)

8.岡崎(2)

9.能見(1)

・第二先発

藤浪、青柳

・中継ぎ抑え

岩崎、桑原、石崎

・控え野手

山崎、西田、小宮山

 

いや~、楽しい!(笑)

でも、本当に層が厚くなりました!

 

長いペナントレース、負ける気がしませんね!!

阪神 鳥谷選手セカンドコンバートについて思うこと。

こんばんわ。

 

タイガース、とても景気の良い話しが飛び交っていますね!

 

ロサリオ選手への期待感や才木選手、糸原選手、大山選手の躍動が特に明るいニュースとして挙がります。

 

その中で、鳥谷選手のセカンドコンバートが明らかになりました。

打撃面での成長著しい大山選手をサードで起用し、打撃に集中させる狙いです。このプラン自体に異論はありません。

 

ただ、こうなると上本選手のセカンドのレギュラーというのが非常に難しくなります。上本贔屓の私にとってはとても複雑です。。。

 

 

大山選手のバッティングは今キャンプ、昨年のCSで非凡なものを見せてくれています。5番6番あたりで1年間フルで出たらどれだけの数字が出るのか、考えただけで楽しくなります。だから、多少我慢してもレギュラーとして使いたい金本監督の気持ちは分かります。

とはいえ、大山選手は来年2年目。プロ野球界には2年目のジンクスという言葉が存在します。高山選手や北条選手、原口選手も2年続けて結果を残すことは出来ませんでした。昨年、ブレイクとまではいかないまでも一定の結果を出した大山選手にとっても、この2年目のジンクスという言葉。決して無縁とは言えません。侍メンバー候補にも入っていますし、他球団からのマークは厳しくなることは必須です。この中で、期待通りの結果を残せるか、蓋を開けてみないと分かりません。

 

ここに、上本選手セカンドレギュラーの道はありました。

 

しかし、鳥谷選手がセカンドに入ることで上本選手の置かれる立場は一変します。鳥谷選手と上本選手を比べてしまうと、走力とパンチ力では上本選手が勝ります。しかし、シーズントータルでの安定感、総合力、守備面では鳥谷選手に軍配が上がります。さらに、鳥谷選手はタイガースの顔であること。

正直、鳥谷選手が相手だと併用や代走という道はあってもセカンドレギュラーは難しくなります。

 

それが、上本贔屓の私にとっては辛いです。

 

上本選手を毎日見られない。

上本選手がベンチにいてるのは見たくない。

たださえ暗い顔がさらに暗くなる。

 

そして、何よりオフに出場機会と求めてFAでタイガースを出ていくんじゃないかという不安に今からモヤモヤしてしいます。

その不安を晴らしてくれるシナリオというのが、大山選手がセカンドで上手くいかず結果的に今年も上本選手がセカンドのレギュラーを奪うというものでした。

 

ここまでの話しは全て私の勝手な妄想ではありますが、上本選手が来年もタイガースのユニフォームを着ていることを切に願っています。大和選手がDeNAのユニフォームを着てるのはギリギリ見れていますが、ここが限界です。私は上本選手にはタイガースのユニフォーム以外着て欲しくありません。

 

 

でも、当然大山選手の飛躍も願っていますよ!

ただ、ファンとして応援している年数が違うんです。大山選手は昨年からです。一方上本選手は2009年から応援しています。2010年には代走で出て、二盗からキャッチャーの暴投で一気にホームインした衝撃のデビューも現地で見ていました。また、2013年のWBC強化試合で伊藤隼選手と衝突し大怪我を負った試合も現地で見ていました。桧山選手の引退試合で0-3の劣勢の場面から起死回生の同点3ランHRを放ったのも現地で見ていました。

私にとっては非常に印象的な選手で、もっともっと見たいし、活躍して1番嬉しいのが上本選手なんです。

 

ということを大山選手サード、鳥谷選手セカンドのニュースを見て思いました。