~26歳吃音者の独り言~

私が知っていることの中から役立ちそうな情報を公開するブログです。

阪神 2017年交流戦総括

タイガース交流戦の総括です!

 

昨日は負けました!!小野

投手ナイスピッチング!!

楽天が強かったです。岸投手に藤田選手、ワンランク上の実力という感じでした。

 

さて昨日で2017年の交流戦が終了しました。

radikoMBSラジオの「号外!スポーツ内閣」を聞きながら今年の交流戦を振り返っています。しかし、この番組おもしろい!!解説者の金村さん、ますだおかだの増田さん、市川いずみさん、仙田和吉さんの賑やかトークに稲村亜美さんが加わって楽しいい雰囲気が伝わってきます。テレビでは出せない味というか、ラジオならではの魅力を味わうことが出来てgoodですね。

 

さて、今年の交流戦を振り返ると、最初のカードは千葉ロッテとでした。俊介選手の二塁打3本や、糸井選手のホームラン、能見投手の力投により2勝1敗と勝ち越しました。今日まで交流戦期間中はすごく楽に見ていられるというか、選手が固くなっていなかったのも、この最初のカードを勝ち越せたことが大きいのかなと思います。また、個人的に印象的だったシーンがあります。1戦目のロッテのラストバッターが昨年までタイガースにいた柴田選手でした。マウンドには藤川投手。柴田選手、ごめんなさい。2011年の夏、神宮球場で起きた落球事件を思い出してしまいました。そして、結果はセンターフライ。。。これもまたプロ野球の魅力ですね。

 

次は日本ハム3連戦でした。もう岡崎選手のための3連戦でしたね。プロ初ホームランに初サヨナラヒット。岡崎選手だけでなく、先発の岩貞投手、青柳投手、小野投手もしっかりゲームを作ったことも大きかったです。ファームで調整中の藤浪投手を無理やり昇格させる必要が無いことも大きいですね。

 

そして、オリックス戦です。金子投手を攻略したのですが、とどめを刺したのは鳥谷選手でした。あの3ランで決めましたね。あの日、ヒーローインタビューに呼ばれるのは鳥谷選手だろうと思っていましたが、原口選手でした。(原口選手のタイムリーが試合を決めたので不服があるわけではありませんよ!)そして、6/16の楽天戦でも鳥谷選手がダメ押しの2点タイムリーを打ってもヒーローインタビュー呼ばれなかったです。5/24の鼻への死球から活躍してもヒーローインタビューされていない所をみると、拒否しているのではないでしょうか。面倒くさいとかではなく、鳥谷選手の性格から考えると鼻への死球の件に触れられ、美談化されるのが嫌なのではないでしょうか。鳥谷選手は試合に出て勝利につながる結果を出すことしか考えていなさそうなので、そんな気がします。あくまで僕の勝手な推測ですが。

 

ソフトバンク3連戦は負け越しましたね。負け越したカードがパ・リーグ2位のソフトバンクなので致し方ないですね。糸原選手の力強い二塁打、上本選手の3ボールからの2点タイムリー、若手先発3人の力投が良かったです。上本選手の本来の魅力は粘りなんかじゃありません!!彼はあくまでプルヒッターです。思い切り三塁線へ引っ張る打撃が真骨頂です。

あと大和選手も!!元中日のチェン投手をカモにしていた頃を思い出してください!!

 

西武3連戦は、阪神らしいというか。守りの野球をみせてくれました。秋山投手は崩れませんし、能見投手メッセンジャー投手もホームランこそ打たれましたがさすがの安定感でした。リリーフ陣も3連戦で無失点でした!素晴らしい!!

 

そして、最後の楽天3連戦は、岩貞投手が良かったですね。4月5月は苦しみましたが、完全復活とみていいじゃないでしょうか。藤浪投手が調整中の今、長いイニングを任せられる岩貞投手の存在は大きいです。

 

最終的にパ・リーグ3位~6位のチーム相手には2勝1敗。1位2位の楽天ソフトバンクには1勝2敗。ラジオでますだおかだの増田さんが「阪神パ・リーグやったら3位や」と言っていました(笑)

着実に実力をつけているということでしょうか。例年のタイガースでしたら、楽天ソフトバンクに3タテ食らっていると思うのは私だけでしょうか。

 

何はともあれ、交流戦で貯金2が出来たこと。素直に嬉しいですね!!