~26歳吃音者の独り言~

私が知っていることの中から役立ちそうな情報を公開するブログです。

吃音で困ったこと ~電話対応~ パート2

こんばんわ。

 

今日は前回、書ききれなかった吃音で困ったこと~電話対応~の続きです。

kurochannel.hatenablog.com

 

前回は1.名乗れないについて書きましたので残りの

2.ビジネスマナー書に書いてあるような電話言葉が使いにくい

3.取り次ぎ

についてですね。

 

まず、2.ビジネスマナー書に書いてあるような電話言葉が使いにくい

ですが、例えば「いつもお世話になっております」とか「お電話が遠いようなのですが」です。そもそも、僕この2つの言葉めっちゃ嫌いです(笑)ツッコみどころ満載でしょ(笑)

 

「いつもお世話になっております」に対して↓↓↓

  • 何回も電話してるのにくどい。
  • 電話切ったらボロカスに愚痴ってるじゃん。
  • 本当にお世話になっている人にはそんな安っぽい言葉かけらんねぇよ。
  • あくまで仕事だし。
  • そもそもお世話になってるなんて思ってねぇだろ。

とか思いませんか?

 

あと、「お電話が遠いようなのですが」は↓↓↓

  • 正直意味わからん。。。目の前に電話機置いてますが?

って思ってしまいます。

正直に「聞き取れなかったのでもう一度お願いします」でいいじゃないですかね?

お電話が遠いって、まどろっこしいです。はい。

 

上記の言葉ってとりあえず、皆使ってるんですよ。特に意味なんて無いけど、言っちゃうんです。

僕は、こういう考え方出来ないんです。「みんなそうやってるから、そうしよう」みたいな。自分なりの根拠を持って、行動するほうが楽しくないですか?人間はロボットには無い、感情ってありますよね?これを大事にしないとダメですよ。

自分の言葉で自分の考えや思いを話すって楽しいです。本当に。だから、思ってもいない言葉は吃ることが多いですね。言葉を不本意に使いたくないって深層心理があるのかもしれませんね。

まぁ、こんなのは大した問題じゃありません。自分の言葉を持ってれば何とでもなりますから!!

 

 

そして、3.の取り次ぎです。

これはね、切実な悩みです。

例えば、得意先であるブログ㈱の鈴木さんから自分の上司である井上課長に電話にかかって来たとします。まぁ普通に取り次ぐと「井上課長。ブログ㈱の鈴木様より外線2番です」という感じになるかと思います。最大の難関は最初の「井上課長」ですね(笑)というのも言い換え出来ないですから。それから、「ブログ㈱」です。これも言い変え不可能です。そして最後の関門、「鈴木様」。これまた言い換え不可能です。そうなんです。言い変え出来ない言葉が3つ続くんです。しかも、順番の入れ替えも出来ないという追い打ち。。。しかも、相手を待たせてる。。。焦りますよ(笑)

 

僕は、その場に座ったままだと吃りやすいという特徴があったので、立って言うようにしてました。立ち上がり、取り次ぐ相手の顔を見て話すと不思議と大丈夫でした。

恐らく、吃音者それぞれに特徴があって、改善策があるはずです。1人1人が色々試してみて、自分なりの吃音解決マニュアルみないなものが出来ればいいことですよね。

 

というものの、吃音者にとって固有名詞は憎たらしいです(笑)

 

以上、吃音で困ったこと ~電話対応~ パート2でした!!