~26歳吃音者の独り言~

私が知っていることの中から役立ちそうな情報を公開するブログです。

阪神 金本監督と糸原選手の抱擁

 

こんばんわ。

 

本日、タイガースが勝ちました!!

なんだか久しぶりに勝った気がします。かなり危ない試合でしたが、勝ちは勝ちです。

 

さて、本日は糸原デイでした!

5打数4安打3打点、3本の二塁打に1本塁打。その内の1本がサヨナラ打と最近の鬱憤を晴らす結果となりました。

ヒットが止まっていた時と比べて、スイングの切れが鋭くなっています。今後も大和選手西岡選手との競争が予想されますが、負けずに頑張って欲しいです!!

 

そして、タイトルの件ですが、糸原選手がサヨナラ打を打った後、金本監督と抱き合っていました。別に僕は男同士の抱擁を否定するつもりはありません。興奮した時に思わずという時は誰しもあると思います。

 

ただね、しかしね、阪神の選手は金本監督との抱擁を乱発しすぎじゃないですか!?(笑)。

去年の原口選手から始まり、サヨナラ打を打った後のお決まりになってやしませんか。

 

いや、いいんですよ。いいんですけどね、監督と選手の抱擁って言えば、僕の中では2003年の星野監督と赤星選手なんですよ。あの時は、優勝が決まるか決まらないかの試合でのサヨナラヒットでした。だからこそ、感情が最高潮に達したと伝わる名シーンです。僕の中で、監督と選手の抱擁はあれぐらいのシーンでやるから映えると思ってしまうんです。

つまり、いざ優勝がかかった試合でサヨナラ打を打った時、どうやって喜びを表したらいいんですか?

普段から抱擁を乱発すると、ここぞって場面でのインパクトが弱くなりませんか?

 

だから、もしもって時のために監督の選手の抱擁は取っておいて欲しいなと、今日の中継を見ていて思いました。

まぁ、今年はその心配する必要はありませんが。。。

 

とにかく、糸原選手。今日はありがとうございました!!