~26歳吃音者の独り言~

私が知っていることの中から役立ちそうな情報を公開するブログです。

阪神 ウル虎の夏の楽しみ方

こんにちわ。

 

2013年シーズンからタイガースが行っている恒例イベント、「ウル虎の夏」。

 

7月の後半に甲子園で開催されるタイガースホームゲームでユニホームを無料配布されるイベントです。

今シーズンの概要です↓↓

hanshintigers.jp

 

まぁ、阪神ファンの方ならご存知ですよね(笑)。

 

2013年 縦じま

2014年 グリーン

2015年 イエロー

2016年 イエロー&ブラック

 

そして、今年2017年はイエロー縦じまにブラックとなります。

 

f:id:kurochannel:20170723145245j:plain

 

この画像は2015年のです。イエロー1色の甲子園球場がとても綺麗で、テンション上がりました。グリーンや縦じまはあまり盛り上がらなかった印象があるので、タイガースの球団カラーである黄色はファン目線で言うと大成功と言えます。

 

阪神球団はこのイエローユニに味を占めたのか、3年連続で黄色をテーマとしています。

来年も黄色を続けるのか、別の色にトライするのか分かりませんが、このイベントはしばらく恒例行事として続きそうです。

 

今年はあと、7/25~7/27のDeNA戦が残っています。

残念ながら、前売り券は完売しています。まだチケットをお持ちでない方で行きたい方はヤフオクやメルカリを覗いてみてください。レギュラーシーズンチケットにしては高値ですが、手に入れることが出来ます。後は、街のチケットショップにもあるかもしれません。

 

さて、このウル虎の夏。

 

たくさんの魅力があります。その反面、ダメな所があるので、行こうか悩んでる方にご説明させて頂きます。

 

魅力

  • 配布 → 選手が着用している期間限定ユニホームと同じデザインのオリジナルジャージが貰えます。甲子園デビューの方、ユニホームを買うのを躊躇っている方には嬉しいですよね!

  (質は・・・・あくまで無料配布物です)

  • 楽しい → 球場が1色になるのでテンションが上がります。
  • 球場の空気 → 皆テンションが上がっているので、負ける気がしません。
  • 応援ユニの格差撲滅 → カッコいいオリジナルユニの人、市販ユニの人、ユニを持っていない人、引け目ややっかみという問題が無くなります。 

  (私のように配布ユニを着ないまま鞄にしまう輩は多くいますが)

  • 話しのネタになる → デートには使えます(笑)

 

ダメな所

  • 混む → 満員近くになるので駅や、球場内、球場付近の込み具合がMAXです。
  • チケット取りにくい → 今年はほぼ平日開催だったためマシでしたが、土日が絡むと取りにくくなります。
  • 飲み過ぎる → テンション上がるので、酒が進みます。

もうイベントなんで仕方ないですね。

 

 

まぁ、なんせかフリーサイズの応援ユニを貰えて嬉しくない人はいません。行けるなら行くべきです。

 

あとウル虎の夏2017も残すところ3試合。地味に迫って来ているDeNAを叩き潰しましょう!!