~26歳吃音者の独り言~

私が知っていることの中から役立ちそうな情報を公開するブログです。

阪神 勝ちに等しい引き分けがあるなら、負けに等しい引き分けもある

 

こんばんわ。

 

本日のタイガース、5-5で引き分けでした。

 

タイトル通り、よくメディア等で「勝ちに等しい引き分け」という言葉が出てきます。ということは、「負けに等しい引き分け」という対義語もあるはずです。

 

しかし、「負けに等しい引き分け」ってあまり聞きませんよね?(笑)

 

つまり、「勝ちに等しい引き分け」という言葉は、贔屓チーム側の虚勢の意味合いが強いということです(笑)。

 

 

ABCやMBSの解説者が阪神戦を振り返って「勝ちに等しい引き分け」と言った時は、解説者の目を見てください。目に力ありませんから(笑)。

 

 

そして、今日は紛れもなく「負けに等しい引き分け」でした。

  • 序盤からタイガースペースで試合を進めれたにも関わらず、中押しダメ押し点が取れなかった
  • 3点差リードの9回追いつかれた
  • 10回表の森越選手の所で代打をださなかったこと、12回の淡白な攻撃

 

もったいない感が拭えないのと、広島の底力に持っていかれた感の残る試合でした。

 

 

でも、終わったことは仕方ないです。

 

明日からのヤクルト戦に全力を注ぎましょう。

メッセ、秋山選手、能見選手の3本柱で3タテと行きましょう!!8/5は現地に行ってきます!!