~26歳吃音者の独り言~

私が知っていることの中から役立ちそうな情報を公開するブログです。

阪神 メンドーサはCSの切り札となるか!?

こんにちわ。

 

本日のタイガース、2-3で敗れました。

タイガースサイドからするとカープの胴上げを目の前で見る結果となりましたが、カープサイドからすると野球の聖地甲子園球場歓喜の瞬間を味わえたことは嬉しかったでしょう。

そんな球場をホーム球場にしているタイガースって幸せだなとカープの胴上げを見ていて感じました。

 

 

それにしても、今日の試合で印象的だったのは2回表と4回表のカープ野村投手の打席でした。共に1アウト1、3塁の場面でピッチャー野村選手。1球1球サインを出し、色々な攻撃をケースに応じて考えているのが見て取れました。2回は3塁線を狙ったセーフティスクイズ気味のファールの後、1塁ランナーを送るバント。4回は送りバントの格好からのスクイズを1球で決め、隙の無い攻撃でした。

あのサインプレーを出来る選手はタイガースの投手陣にはいませんよね。。。

いや、野手陣にもいるか怪しいレベルです。。。

 

結局、1点を取りに行く野球をカープはどの打順でも出来て、タイガースは出来ないということです。そして、9月の対カープ戦にその差が顕著に表れています。証拠に今日のタイガースの得点は中谷選手と陽川選手のソロHRの2点です。カープはタイムリー2本とスクイズ1本です。CSまでに、1点を取りに行く攻撃パターンを作れるかが日本シリーズ進出のカギになるでしょう。

 

選手個々の力はカープ相手に負けていないので、勢いに乗れば2014年の再来も夢では無いとみています。そのダークホースとなるのが、今日先発のメンドーサ選手です。

再三のピンチを背負うも、粘って粘って5回を2失点にまとめてくれました。カープ打線相手に臆することなく、腕を振る姿が頼もしく見えました。

メッセンジャー選手の回復具合によりますが、ファイナルステージではマテオ選手に代えてベンチ入りさせておくのも有りではないでしょうか。ファイナルステージでの先発またはロングリリーフとして十分期待出来るでしょう。1年間ブルペンを支えてくれたマテオ選手には悪いですが、短期決戦に温情采配は命取りになること、タイガースファンなら分かりますよね。