~26歳吃音者の独り言~

私が知っていることの中から役立ちそうな情報を公開するブログです。

阪神 鳥谷選手セカンドコンバートについて思うこと。

こんばんわ。

 

タイガース、とても景気の良い話しが飛び交っていますね!

 

ロサリオ選手への期待感や才木選手、糸原選手、大山選手の躍動が特に明るいニュースとして挙がります。

 

その中で、鳥谷選手のセカンドコンバートが明らかになりました。

打撃面での成長著しい大山選手をサードで起用し、打撃に集中させる狙いです。このプラン自体に異論はありません。

 

ただ、こうなると上本選手のセカンドのレギュラーというのが非常に難しくなります。上本贔屓の私にとってはとても複雑です。。。

 

 

大山選手のバッティングは今キャンプ、昨年のCSで非凡なものを見せてくれています。5番6番あたりで1年間フルで出たらどれだけの数字が出るのか、考えただけで楽しくなります。だから、多少我慢してもレギュラーとして使いたい金本監督の気持ちは分かります。

とはいえ、大山選手は来年2年目。プロ野球界には2年目のジンクスという言葉が存在します。高山選手や北条選手、原口選手も2年続けて結果を残すことは出来ませんでした。昨年、ブレイクとまではいかないまでも一定の結果を出した大山選手にとっても、この2年目のジンクスという言葉。決して無縁とは言えません。侍メンバー候補にも入っていますし、他球団からのマークは厳しくなることは必須です。この中で、期待通りの結果を残せるか、蓋を開けてみないと分かりません。

 

ここに、上本選手セカンドレギュラーの道はありました。

 

しかし、鳥谷選手がセカンドに入ることで上本選手の置かれる立場は一変します。鳥谷選手と上本選手を比べてしまうと、走力とパンチ力では上本選手が勝ります。しかし、シーズントータルでの安定感、総合力、守備面では鳥谷選手に軍配が上がります。さらに、鳥谷選手はタイガースの顔であること。

正直、鳥谷選手が相手だと併用や代走という道はあってもセカンドレギュラーは難しくなります。

 

それが、上本贔屓の私にとっては辛いです。

 

上本選手を毎日見られない。

上本選手がベンチにいてるのは見たくない。

たださえ暗い顔がさらに暗くなる。

 

そして、何よりオフに出場機会と求めてFAでタイガースを出ていくんじゃないかという不安に今からモヤモヤしてしいます。

その不安を晴らしてくれるシナリオというのが、大山選手がセカンドで上手くいかず結果的に今年も上本選手がセカンドのレギュラーを奪うというものでした。

 

ここまでの話しは全て私の勝手な妄想ではありますが、上本選手が来年もタイガースのユニフォームを着ていることを切に願っています。大和選手がDeNAのユニフォームを着てるのはギリギリ見れていますが、ここが限界です。私は上本選手にはタイガースのユニフォーム以外着て欲しくありません。

 

 

でも、当然大山選手の飛躍も願っていますよ!

ただ、ファンとして応援している年数が違うんです。大山選手は昨年からです。一方上本選手は2009年から応援しています。2010年には代走で出て、二盗からキャッチャーの暴投で一気にホームインした衝撃のデビューも現地で見ていました。また、2013年のWBC強化試合で伊藤隼選手と衝突し大怪我を負った試合も現地で見ていました。桧山選手の引退試合で0-3の劣勢の場面から起死回生の同点3ランHRを放ったのも現地で見ていました。

私にとっては非常に印象的な選手で、もっともっと見たいし、活躍して1番嬉しいのが上本選手なんです。

 

ということを大山選手サード、鳥谷選手セカンドのニュースを見て思いました。